【マヌート・ボル】昔のNBA最高身長と最低身長が並んだ写真が凄い【マグシー・ボーグス】

1993年までのNBA最高身長のマヌート・ボル選手と現在でも最低身長の選手マグシー・ボーグス選手が並んだ写真が驚きのものとなっています。

こちらがその写真です
nbashintyosaikousaitei1

身長の高い方の選手がマヌート・ボル選手で身長が231センチです。
スーダン南部の出身で周辺一帯に住むディンカ族の酋長の息子さんだそうです。
ディンカ族は平均身長が非常に高いことで知られています。
ボル選手のお父さんも身長が203センチ、お母さんも208センチあったそうで、曾祖父は240センチも身長があったそうです。
ブリッジポート大学の関係者にスカウトされて18歳でアメリカに渡米しクリーブランド州立大学に入学しました。
そして1985年のNBAドラフトでワシントンブレッツに指名されプレーしました。
1987年にブレッツが上記の写真の右側に写る身長160センチのマグシー・ボーグス選手をドラフト指名したので、リーグの当時史上最高身長と最低身長の選手が一緒にプレーすることになりました。
その身長差はなんと71センチとなっています。
その後ボル選手は10年間NBAでプレーしました。
ボル選手はシュート力は低かったものの身長を活かしたブロック力が高く、NBA史上唯一ブロック数が得点数を上回る選手となりました。
NBAでの成績は1試合平均2.6ポイント、4.2リバウンド、0.3アシスト、3.3ブロックを記録しました。
NBA最高身長記録は1993年にゲオルゲ・ムレシャン選手がドラフト指名されるまでボル選手が持っていました。

ボル選手のプレー

NBA歴代身長ベスト10

身長が低い方の選手はマグシー・ボーグス選手で身長が160センチです。
これは2015年7月現在でもNBA史上最低身長の選手です。
アメリカ合衆国メリーランド州ボルティモア出身で大学時代1986年のスペインで行われた世界選手権でアメリカ代表に選ばれ金メダルも獲得しました。
前述した通りブレッツに指名されブレッツからNBAキャリアをスタートさせました。
その後シャーロット・ホーネッツ、ゴールデンステート・ウォリアーズ、トロント・ラプターズでもプレイし合計14シーズンNBAでプレイしました。
全盛期のシャーロット・ホーネッツでの活躍が有名となっています。
現役時には身長213センチのパトリック・ユーイング選手をブロックしたこともあります。
160センチはバスケットボールシューズを履いた時の身長で実際には身長156センチと紹介されたこともあります。

ボーグス選手のプレー

記事を共有する
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Tumblr0Share on LinkedIn0Share on Google+0
スポンサードリンク

今週の人気記事

コメントする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。