【アレン・アイバーソン】身長180センチ以下のNBAで活躍した選手達【田臥勇太】

選手の平均身長が2メートルを超えるアメリカプロバスケットボールリーグNBAで活躍した身長180センチ以下の選手達です。

アレン・アイバーソン(Allen Iverson)

アレン・エザイル・アイバーソン(Allen Ezail Iverson)氏は1975年6月7日生まれ、アメリカ合衆国バージニア州ハンプトン出身の元NBA選手です。
身長は177センチでジョージタウン大学出身、NBAではフィラデルフィア・76ers、デンバー・ナゲッツ、デトロイト・ピストンズ、メンフィス・グリズリーズの4チームで合計14シーズンプレーしました。
1996年にフィラデルフィア・セブンティシクサーズに全体1位でドラフト指名されNBAキャリアをスタートさせましたが、当時史上最も身長の低いドラフト1位として話題になりました。
ポジションはポイントガードかシューティングガードを担当しました。
オールスターには11回出場し、そのうち2回MVPを受賞、シーズン得点王は4回、2001年にはシーズンMVPも獲得しました。
76ers時代に付けていた背番号3は永久欠番となりました。
ニックネームとして「A.I.」「THE ANSWER」があります。
アイバーソンは小柄な選手としては異色の点取り屋で現役時は絶大な人気がありました。
引退した今でも人気がある選手です。
プレーは素早い動きと、長い腕(ウイングスパンは190センチ以上と言われています)、ボールハンドリングを活かして小さな体で果敢にゴールにアタックし得点を量産しました。
ルーキーシーズンに、あのマイケル・ジョーダン氏に1on1を挑み、クロスオーバーでかわしてシュートを決めたシーンは今でも名プレイとして語り継がれています。
アイバーソンのクロスオーバーはキレが鋭く当時から注目されていました。
ディフェンスではスティールが得意でした。
180センチ以下の選手では歴代トップと言って良い得点力です。
プレーだけではなく、その振る舞いも独特なもので注目されていました。
ファッションもヘッドバンドやシューティングスリーブ、リストバンド、フィンガーサポーターを身に付けたり、髪型もコーンロウにしたりと他の選手にも多大な影響を与えていました。
バスケットボールシューズはリーボックと契約し、「QUESTION」や「ANSWER」シリーズ等自身のシグネイチャーモデルが発売され、着用していました。
アイバーソン氏の「バスケットボールをプレーするのに大切なものはサイズではない。ハートの大きさだ。」という言葉は今でも名言として語り継がれています。

iverson1

アイバーソン氏のキャリアトップ10プレイ

ネイト・ロビンソン(Nate Robinson)

ネイト・ロビンソン(Nate Robinson)選手、本名はナサニエル・コーネリアス・ロビンソン(Nathaniel Cornelius Robinson)選手は1984年5月31日生まれ、アメリカ合衆国ワシントン州シアトル出身のNBA選手です(2015年7月現在現役のプレイヤーです)。
身長は175センチで体重は多少の変化はあると思いますが、公表データでは82キロもあります。
出身大学はワシントン大学でアメリカンフットボールも得意な選手です。
ポジションはポイントガードです。
2005年のドラフトにてフェニックス・サンズから1巡目21位指名された後交渉権がニューヨーク・ニックスにトレードされたためニックスからキャリアをスタートさせました。
その後ボストン・セルティックス、シカゴ・ブルズ、デンバー・ナゲッツなど2015年7月現在6チームでプレーし、現在も現役です。
ロビンソン選手の特徴は高い得点能力と、鍛え上げられた肉体、高い身体能力から繰り出されるプレー、特にダンクシュートが魅力的です。
なんと垂直跳びが90.2センチもあり、2006年のダンクコンテストでは元NBA選手のスラムダンク王スパッド・ウェブ氏(168センチ)を飛び越えてダンクを決め、優勝を果たしました。
ロビンソン選手は現在まで3回ダンク王に輝いています。

naterobinson1
出典 – ja.wikipedia.org

ネイト・ロビンソン選手のキャリアトップ10プレイ

ロビンソン選手の2006年ダンクコンテスト時のダンク

マグジー・ボーグス(Muggsy Bogues)

マグジー・ボーグス(Muggsy Bogues)氏、本名はタイロン・カーティス・ボーグス氏は1965年1月9日生まれ、アメリカ合衆国メリーランド州ボルティモア出身の元NBA選手です。
どもないっ!では以前ボーグス氏について「【マヌート・ボル】昔のNBA最高身長と最低身長が並んだ写真が凄い【マグシー・ボーグス】」でも解説しました。
身長160センチで2015年7月現在で史上最も身長の低いNBA選手です。
NBAでは5チームで14シーズンプレーしました。

muggsybogues1

マグジー・ボーグス氏のプレーハイライト

アール・ボイキンス(Earl Boykins)

アール・ボイキンス(Earl Boykins)選手、本名アール・アントワン・ボイキンス(Earl Antoine Boykins)選手は1976年6月2日生まれ、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド出身のNBA選手です。
身長165センチのポイントガードで高いシュート力、得点能力が特徴の選手です。
デンバー・ナゲッツ等数多くのチームで10シーズン以上プレーしています。
現在NBA史上1試合で30得点以上を記録した最も身長の低い選手です。
ドラフト外からNBAに入り、実力で契約を勝ち取った選手です。

earlboykins1
出典 – ja.wikipedia.org

ボイキンス選手のプレーハイライト

スパッド・ウェブ(Spud Webb)

スパッド・ウェブ(Anthony Jerome “Spud” Webb)氏は1963年6月13日生まれ、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身の元NBA選手です。
身長168センチで垂直跳び117センチを記録するジャンプ力で現在NBA史上最も身長の低いダンクコンテスト優勝者です。
アトランタ・ホークス、サクラメント・キングスなど数多くのチームで10シーズン以上プレーしました。

spudwebb1spudwebb2

ウェブ氏のダンクコンテストハイライト

デイモン・スタウダマイアー(Damon Lamon Stoudamire)

デイモン・スタウダマイアー(Damon Lamon Stoudamire)氏は1973年9月3日生まれ、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド出身の元NBA選手です。
身長178センチでクイックネスを活かした、高い得点能力とアシスト能力が特徴の選手です。
ポートランド・トレイルブレイザーズなど4チームで10シーズン以上プレーしました。

damonstoudamire1

スタウダマイアー氏のプレイ集

田臥勇太(たぶせ ゆうた)

田臥勇太(たぶせ ゆうた)選手は1980年10月5日生まれ、日本の神奈川県出身の元NBA選手、現在(2015年7月時点)は日本のNBLリンク栃木ブレックス所属の選手です。
身長173センチで高いバスケットボールIQ、ボールハンドリング能力による、得点、アシスト、ゲームメイク力が特徴の選手です。
2004シーズンにフェニックス・サンズと契約し日本人初のNBAプレーヤーとなりました。
サンズでは4試合に出場し合計17分プレー、7得点3アシストを記録しました。
日本のバスケットボールの名門秋田県立能代工業高等学校出身で絶大な人気と実力を持った選手です。

yutatabuse1

田臥選手のNBAでのプレーハイライト

アイザイア・トーマス(Isaiah Jamar Thomas)

アイザイア・トーマス(Isaiah Jamar Thomas)選手は1989年2月7日生まれ、アメリカ合衆国ワシントン州タコマ出身のNBA選手です。
身長175センチ、84キロでボールハンドリングとシュート力、パワーで高い得点能力とアシスト能力が特徴の選手です。
2011シーズンよりサクラメント・キングスからNBAキャリアをスタートさせ、現在(2015年7月時点)はボストン・セルティックスに所属しています。
現在(2015年7月時点)180センチ以下の選手としてはこれから一番NBAでの活躍が期待される選手と言って良いでしょう。

キングス時代のトーマス選手
IsaiahThomas1
出典 – ja.wikipedia.org

トーマス選手の2014-2015年シーズンのプレーハイライト

NBA

記事を共有する
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Tumblr0Share on LinkedIn0Share on Google+0
スポンサードリンク

今週の人気記事

【アレン・アイバーソン】身長180センチ以下のNBAで活躍した選手達【田臥勇太】” への4件のコメント

  1. The 50-40-90 Club as it s commonly known, or the 180 Club as NBA players and coaches refer to it, is the pinnacle of shooting efficiency.

  2. ピンバック: 【NBA】身長175センチのアイザイア・トーマス選手が203センチのトレヴァー・アリーザ選手のダンクをブロックする | どもないっ!

  3. ピンバック: バスケットボール新リーグの名称は「B.LEAGUE(ビー・リーグ)」に決定!ロゴマークも発表される | どもないっ!

  4. ピンバック: 身長168センチのNBAダンクチャンピオンのジャンプ画像が凄い | どもないっ!

コメントする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。