不眠に悩む不眠症の方にオススメのたった20分でぐっすり寝れるようになる方法

仕事のストレス、相場のストレスなどストレス社会の現代で不眠に悩む方も多いと思います。
そんな方のためにたった20分でできる不眠症解消法をお伝えします。→ランキング

ぐっすり眠るために筋肉を疲労させる

ぐっすり眠るためには体を肉体的に疲労させる、筋肉を疲労させるのが一番近道です。
普段不眠で悩んでいる方はあまり運動を行っていない方が多いかと思います。

そこでまず腕立て伏せを10回×2セット、腹筋20回×2セット、背筋30回×2セット、スクワット30回×2セットを行って下さい。
これだけなら部屋や近所の公園でも行えるので簡単にできると思います。
もし近所の学校や公園に高い鉄棒などがあれば自分のできる回数×1セット懸垂も行って下さい。

上記回数、セット数ができない場合回数やセット数を減らしてもかまいません。

腕立て伏せの場合手は肩幅より少し広いくらいの位置に置き、顔は地面につける必要はなく、腕は曲げすぎない方が良いです。
スクワットも膝は50~60度くらい曲げればよく90度やそれ以上曲げすぎると膝を壊す原因になります。
膝はできるだけ前に出さないようにしましょう。
懸垂の場合持ち手は逆手(逆上がりする時の棒の持ち方)でやると手首を痛めにくいです。

さらにジョギングシューズなどがあれば外に出て2、3キロ走って下さい。
ペースは自分のペースでかまいません(ジョギング程度のゆっくりしたスピードでもOK)が、走っている途中でかなり強度の高いダッシュを行うと良いです。
これは強度の高い運動を行うことで足の筋肉を疲労させるためです。

(テスラ)TESLA MEN’S 軽量 スポーツ ランニングシューズ E621-NVO-280

上記のランニングも出来ない場合は距離を減らしたり、スピードを落として行って下さい。
筋力トレーニングとランニングは一度やった場合次に行うまで2日位は間を空けた方が良いです。
もちろん頻繁にできない方はそれ以上の間隔で1週間に1度、2週間に一度でもOKです。

上記の運動は怪我しないよう自己責任で行って下さい。
軽くストレッチや先に外を走って体を温めてから腕立て伏せなどを行うと怪我予防になると思います。
また、少しでも痛みや体に変調を感じた場合も運動を中止してアイシングなどを行った方が良いです。

上記の運動を全て行っても20~30分以内で終わらせることができると思います。

何故上記の運動が不眠に良いかというと、単なるストレッチやウォーキングよりも運動強度が若干高めで筋肉が疲労します。
筋肉が疲労している状態というのは筋肉の繊維が軽く損傷している状態です。
この繊維が修復することにより筋力が増強されます。

筋肉が修復するためには休息が不可欠で、体や脳も筋肉が損傷状態にあると強引に休息を取らせようとします。
このためもの凄く眠くなり、睡眠も深いものとなり長い時間眠ることができる可能性が高くなるのです。

筋肉疲労からの回復とダイエット効果

上記のような運動をするとぐっすり眠れますが、翌日筋肉痛や体が重い感じになると思います。
これは一晩だけでは筋肉の修復が終わっていないからです。
2日くらい経つと運動前より筋肉が付き、体を動かすのが楽になっているはずです。

筋肉が増加するというのはダイエットにも効果的です。
筋肉は動いていない時でも勝手にカロリーを消費するので、筋肉量が増加すると動かなくても痩せやすくなるのです。

この運動をした後、翌日からの体の回復やより筋肉を多くつけるために、運動後にたんぱく質を多く取ることをおすすめします。
運動した後と次の日はたんぱく質を多めに取った方が良いです。

たんぱく質が多く含まれている食品は肉、魚、牛乳、乳製品、大豆、納豆などです。

記事を共有する
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Tumblr0Share on LinkedIn0Share on Google+0

【CFD(差金決済取引)とは?】CFDの仕組みや始め方、申込み・口座開設・取引方法、取引できる商品を紹介

金融商品のCFDとは「Contracts For Difference」の頭文字を取った略称で日本語では「差金決済取引」といいます。→ランキング(経済・株式・金融関連含む)

CFD(差金決済取引)とは

差金決済というのは口座に証拠金という担保となるお金を入れておき、売買の差額の金額のみ現金で決済しやり取りする取引のことです。
FXや先物、オプションも差金決済です。

CFDなら原油も取引可能な業者が多い
genyu1

CFD(差金決済取引)のメリット

例えばある上場している会社の株式を現物で500万円分買ったとします。
その株の価格が値上がりし501万円で売却したとします。
そうすると1万円分の利益が発生します。(手数料等考慮せず)

この時現物取引なら売買に必要な資金は最低でも500万円です。
500万円を使って売買しましたが、実際に発生した損益は1万円です。

CFDならば例えば担保として証拠金を30万円口座に入れると、レバレッジを効かせて何倍もの価格の商品を売買することが可能になります。
レバレッジ効果とはてこの原理効果と呼ばれ、証拠金で何倍もの原商品を取引することができる効果のことです。

上記の例で言えば500万円の資金を使用していますが、実際に発生する損益はそれ程大きくはありません。
商品のこのような性質を利用して、実際に取引で発生する損益のみをやり取りするのがCFDです。

30万円の担保で500万円分の商品を売買し、その売買で発生する損益のみ30万円の口座で増減が発生するという感じです。
これならば取引する商品を所有することなく、少ない資金で様々な商品を大量に売買することが可能になります。
CFDは資金効率が良いという大きなメリットがあります。

FXや先物と同様大半の商品で買いからでなく、価格が下落した時に利益が出せる売りから入る取引をすることが可能です。

また、証券取引所が祝日で取引がない日でも平日ならほとんどの日はCFDなら売買することができるのでヘッジ取引が可能です。
これらがCFD取引のメリットです。

CFD(差金決済取引)は相対取引が多い

CFD取引の場合ほとんどの商品で業者との相対(あいたい)取引となります。
相対取引とは株や株式指数先物のように取引所に注文を出すのではなく、大半のFX業者と同じように業者と取引を行うということです。

取引所取引は
注文者 → 証券会社など → 取引所
となりますが、

相対取引は
注文者 → 業者 → 提携する金融機関
となります。

CFD(差金決済取引)のスワップポイントと価格調整

CFD取引の場合、異なる通貨間にて売買を行ったり、配当や金利収入を生む商品を売買したり、コスト金利がかかったりするため、大半の商品でポジションを持越しするとスワップポイントというものがかかったり、入ってきたりします。
これは売買する商品によって異なります。
スワップポイントがない商品でも、例えば原油などの商品でも為替レートの変動などで価格調整が行われたりします。

CFD(差金決済取引)の信託保全について

CFD取引の口座にある資金は信託保全と言って、証拠金を信託銀行に分別管理する業者が多くなっています。
これは業者がもし破綻したとしても、口座にある資金は別の信託銀行が保管しているため、その銀行から直接資金保有者にお金が返還されるという仕組みです。
業者が信託保全を行っているかどうかは業者のホームページにて確認して下さい。

CFD(差金決済取引)の投資・取引対象商品

CFDの投資・取引対象商品は業者によって異なりますが、国内外の株価指数先物や個別株式銘柄、金・銀・原油などの商品・コモディティ(Commodity)などが中心となります。
また、商品ごとにかけられるレバレッジや呼値、通貨、取引単位、取引時間、取引上限も異なります。
取引対象商品などについては業者のサイトにて確認して下さい。

CFDならば原油価格が動きそうな時に利益を狙ったり、外国の株式指数で利益を狙ったり、アメリカ株で利益を狙うことも可能です。

主な投資対象商品は業者によって異なりますが
株式指数関連が
日本225、アメリカ(米国)株式指数(ダウ工業株30種平均指数、SPX500指数、大型株指数やナスダック指数など)、上海株式指数、インド株式指数、イギリス株式指数、ドイツ株式指数、香港株式指数
などです

株式関連が
アマゾン(Amazon)、ナイキ(NIKE)、ギャップ(GAP)、ウォルマート、P&G、ペプシ、コストコ、イーベイ、ホーム・デポ

ゼネラル・エレクトリック(GE)、3M、キャタピラー、アップル(Apple)、IBM、インテル、HP、シスコシステムズ

バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、バークシャー・ハサウェイ、アメリカン、エキスプレス、グールドマンサックス・グループ、モルガン・スタンレー、ビザ(Visa)、アフラック、JPモルガン・チェース、ユナイテッドヘルス・グループ

マクドナルド、スターバックス、コカ・コーラ

アリババ、ウォルト・ディズニー、ジョンソン&ジョンソン、Alphabet(旧:グーグル(Google))、マイクロソフト、オラクル、フェイスブック(Facebook)、ヤフー(Yahoo!)、アドビ・システムズ、ネットフリックス、アカマイ・テクノロジーズ、ツイッター(Twitter)、スプリント、AT&T、ベライゾン・コミュニケーションズ、Groupon

アルコア

エクソン・モービル、ハリバートン、シェブロン

ファイザー、モンサント、メルク、デュポン

デルタ航空

フォード・モーター、ゼネラル・モーターズ(GM)、テスラ・モーターズ、ボーイング

ユナイテッド・テクノロジーズ

ハイアール、レノボ・グループ

HSBCホールディングス、中国工商銀行、中国建設銀行、チャイナ・ライフ・インシュアランス、ピンアン・インシュアランス、中国銀行

ワンワン・ホールディングス、チャイナ・メンニウ・デイリー

ドンフェン・モーター・グループ

ツージン・マイニング

チャイナ・モバイル、テンセント・ホールディングス、ギャラクシー・エンターテインメント、キングソフト

アンホイ・コンチ・セメント

ペトロチャイナ、チャイナ・ロンユアン・パワー、チャイナ・エバー・ブライト、チャイナ・ガス、シノペック
などとなります。

商品関連が
金、銀、白金、原油、コーン、大豆
などとなります。
(注:取引可能商品は業者によって異なります。)

CFD(差金決済取引)の口座開設方法

CFD取引を始めるには業者に口座を開設する必要があります。
CFDの口座を開設するには業者の口座開設フォームから申込みを行い、本人確認書類を提出する必要があります。

口座開設対応地域・都道府県は業者によって異なりますが
北海道
東北地方: 青森県 秋田県 山形県 福島県 岩手県 宮城県
北陸地方: 石川県 福井県 新潟県 山梨県 富山県 長野県 新潟県
関東地方: 東京都 茨城県 神奈川県 埼玉県 千葉県 群馬県 栃木県
近畿地方: 大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 奈良県 和歌山県
東海地方: 愛知県 静岡県 三重県 岐阜県
中国地方: 広島県 岡山県 島根県 鳥取県 山口県
四国地方: 香川県 愛媛県 高知県 徳島県
九州地方: 福岡県 熊本県 長崎県 宮崎県 大分県 佐賀県 鹿児島県 沖縄県
となっていることが多く、海外からの口座開設は制限があることが多くなっています。

口座が開設されたら入金を行い、業者の取引ツールにて取引が開始できます。
取引方法は業者によって異なりますので業者のサイトにて確認して下さい。

CFD口座開設はこちら

記事を共有する
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Tumblr0Share on LinkedIn0Share on Google+0

【パソコンでインターネットをやりたい方向け】家に安くお得にインターネットの回線を引く・申込み・開通方法を解説

最近はスマートフォンが普及してきたおかげでパソコン、PCを持っていない方が増えているそうです。
しかしパソコンを持っている方ならわかると思いますが、操作性もスピードも圧倒的にパソコンの方が早くて便利だと感じていると思います。
そこで今回は自宅にインターネット回線を引く・開設する方法を解説していきます。→経済・インターネット情報通信関連含む

家にインターネットを引くためにはインターネット回線業者とプロバイダ業者の2つの業者と契約する必要があります。
大抵の場合光回線業者と契約する時にセットでプロバイダ業者もいくつか提示されるので別々に契約しなければといったことは考えないで契約することができます。

「インターネット回線業者」とは

インターネット回線業者とはインターネットに接続する回線を提供している業者のことです。
回線の種類は主にADSLと光回線があります。
両者の違いは通信速度で、ADSLより光回線の方が通信速度がかなり速くなります。
最近は動画や音楽、ゲームなどでネット回線を利用する方が多いので光回線を選択する人がほとんどとなっています。

光回線が自宅に引けない場合で速度は気にせず安くしたい場合ADSLでも良いと思います。
その場合主な回線業者はイー・アクセス、ソフトバンクBB、TNCなどがあります。

光回線を引く場合は外の電線から光ファイバーを自宅に引き込む工事が必要ですが、作業員1名で2,3時間で終わってしまう簡単な工事です。
マンションなどの集合住宅であれば元々光ファイバーが引き込んである住宅も多く、工事がほぼ必要ない場合もあります。

光回線業者はいくつかありますが、NTTの「フレッツ光(Flet’s 光)」かauの「auひかり」が主な回線業者となっています。
auの携帯電話を使用している方は携帯電話の料金が安くなることがあるのでauひかりがおすすめです。
それ以外の方は好みでどちらかを選べば良いと思います。

「プロバイダ業者」とは

プロバイダー業者とは回線をインターネットに接続するための業者です。
インターネットをするにはIPアドレスといういわばネット上の住所のような固有の番号が必要で、この番号は一元的に管理されており誰でも自由に使用できるわけではありません。
このIPアドレスを割り振るのがプロバイダ業者です。

有名な業者はYahoo!BB(ヤフー)やSo-net(ソネット)、@nifty(ニフティ)、とくとくBB by GMO、OCN、Plala(ぷらら)、WAKWAK、DTI、hi-ha、Biglobe(ビッグローブ)、BBexcite(エキサイト)、AsahiNet(アサヒネット)、Toppa!、Tigers-net.comなどです。
どの業者が良いのかなのですが、業者によって値段やサービスが異なるので、自分が良いと思った業者を選べば良いと思います。

これらを電話に例えると回線が電話回線業者でIPアドレスが電話番号となります。

自宅 → 回線業者 → プロバイダ業者 → インターネット
という順番で自宅から接続します。

回線業者とプロバイダ業者と契約することでインターネットに接続することができるようになります。

対応地域

「フレッツ光」は東日本と西日本で分かれており、料金やキャンペーン内容が異なっています。

フレッツ光東日本

フレッツ光東日本の対応地域は
北海道
東北地方は 青森県 秋田県 岩手県 山形県 福島県 宮城県
北陸地方は 山梨県 長野県 新潟県
関東地方は 東京都 埼玉県 千葉県 神奈川県 茨城県 群馬県 栃木県
となっています。

料金は住宅のタイプによって異なっており、
マンション(集合住宅)の場合マンションタイプ、一戸建ての場合はファミリータイプとなります。
1つの建物(戸建、アパート等)に住む世帯が3戸以下であればファミリータイプ、4戸以上ならマンションタイプとなります。

マンションタイプは1本の光ファイバーを共同利用するので料金がファミリータイプより少し安くなっています。

東日本の場合「ギガ推し!割引」「フレッツ光ライト もっとライトに!割引」や
2年間継続利用での割引がある「にねん割」や
2回線分の料金を1つにまとめて割引となる「単身&かぞく 応援割」などの割引プランがあります。

フレッツ光西日本

西日本の対応地域は
北陸地方が 石川県 富山県 福井県
近畿地方が 京都府 大阪府 滋賀県 兵庫県 奈良県 和歌山県
東海地方が 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
中国地方が 島根県 広島県 鳥取県 岡山県 山口県
四国地方が 高知県 愛媛県 徳島県 香川県
九州地方が 福岡県 長崎県 佐賀県 宮崎県 大分県 熊本県 鹿児島県
沖縄県
となっています。

料金の住宅タイプは東日本と同様となります。

西日本は料金が東日本とは若干異なっているようです。

西日本の場合は継続利用で割引される「Web光もっと2割」などの割引プランがあります。

回線工事料金は東・西日本共に一括払いか分割払いか選べるようです。
フレッツ光東日本・西日本の申込みはこちら

auひかり

auひかりの場合対応地域は全国となります。

auひかりの場合「auスマートバリュー」といってauのスマートフォンをセットで利用するとスマホ料金がお得になります。
「auまとめトーク」の場合はauケータイとauおうち電話のセットで利用すると国内通話が24時間無料となります。

また、「ギガ得プラン」といった年度ごとの更新で何年目かまで料金が割引になったり安くなるプランもあります。

auの場合も戸建てとマンションなどの集合住宅では料金が異なります。

工事費用は分割か一括払いかで選べるようになっています。

auひかりの申込みはこちら

記事を共有する
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Tumblr0Share on LinkedIn0Share on Google+0