【第二次大戦中】1940年代のニューヨークの写真集が凄すぎる!【アメリカ】

1940年代のアメリカ・ニューヨークの写真集です。
第二次世界大戦中、太平洋戦争直前~中ですが当時の人々がこの写真を見ても戦争をする気になったかどうか聞いてみたいくらいニューヨークは発展しています。

1941年9月27日のニューヨーク市のリバティ通りのフェリー乗り場
newyork1

1941年10月4日のニューヨーク市ロウワーイーストサイド
男と男の子が馬車に乗っているところ
newyork2

1942年10月3日のニューヨーク市のある一角
newyork3

1942年10月7日の東7thストリートの様子
McSorley’s old ale houseが開店しています。
newyork4

上記写真の現在の様子
当時とほとんど変わっていません
newyork5

1942年10月1日のロウワーマンハッタンの公園の様子
newyork6

1941年6月6日のBattery公園にいる3人のホームレス
newyork7

1941年6月6日のブルックリン地区とマンハッタン地区を結ぶイーストリバーにかかる橋の様子
newyork8

1942年10月1日のニューヨーク市内のソフトドリンクスタンドの様子
newyork9

1941年9月27日のマンハッタンダウンタウンの南通りFulton通りの様子
newyork10

1942年10月3日のチャイナタウンの様子
newyork11

1942年の10月1日のブロードウェイを通る白い馬と馬車
newyork12

1941年6月6日にマンハッタンのダウンタウンから自由の女神を撮影した写真
newyork13

1941年9月27日にマンハッタンの南通りからブルックリンブリッジを撮影した様子
newyork14

1941年9月の土曜の午後のイーストリバー付近の住宅街での日常風景
newyork15

1942年10月にイーストサイドにて階段に腰掛ける白人女性
newyork17

1942年10月4日にイーストリバー付近の新しい集合住宅の横にて
2人のニューヨーカー
newyork18

1942年10月3日のロウワーマンハッタンの様子
newyork19

1941年6月6日Battery公園で外を眺める1人の男性
newyork20

1942年10月7日の中国系の店先の様子
newyork21

1942年10月4日のホットスィートポテトを売る屋台の様子
newyork22

1941年6月6日の証券街ウォールストリートの様子
newyork23

1942年10月4日のロウワーイーストサイドの廃品コレクションに集まる群衆
newyork24

1941年9月27日にジャージーシティからロウワーマンハッタンを撮影した様子
newyork25

1941年9月27日にロウワーイーストサイドの通りにある店の様子
newyotk16

出典 – www.dailymail.co.uk



記事を共有する
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Tumblr0Share on LinkedIn0Share on Google+0

死ぬまでに一度は行ってみたい日本の自然系名所10選

円安の今海外旅行費用は高くなっています。
そこで日本国内の、しかも通常の名所ではなく大自然を感じられる名所を10ヶ所個人的に選びました。

1、白馬八方池(長野県)

白馬八方池(はくばはっぽういけ)は長野県の白馬村八方尾根にある池です。

hakubahappuike1

出典- blogs.c.yimg.jp

八方尾根スキー場の上部から八方尾根自然研究路の登山道に入り、標高2080メートルの第3ケルンの下にある池です。
登山道からの眺めも良いですが、この八方池からの景色は特に絶景です。

2、蘇洞門(福井県)

蘇洞門(そとも)は福井県小浜市の内外海半島にある波の浸食によってできた岩の門です。

sotomo1

出典 – www.fuku-e.com

大門と小門から作られる美しい自然の造形が見られます。
付近にはかくし水、地獄門、ライオン岩、コウモリ穴などいくつもの変わった岩や洞穴が多数存在しています。
小浜港から出航する遊覧船で自然の景色を楽しむことができます。

3、屋久島(鹿児島)

屋久島は鹿児島県にある島です。

yakushima1

出典 – WWW.FLICKR.COM

島全体が山地となっており美しい森が広がっています。
「もののけ姫」の舞台となった場所でパワースポットとしても有名です。
1993年には世界遺産にも登録されました。
屋久島にある樹齢1000年以上の杉の木を屋久杉と呼んでいます。
有名な「縄文杉」は樹齢2000年以上で、現在までに確認されている最古の木は「大王杉」で樹齢3000年以上とされています。

屋久島にいるヤクシカ
yakusika1

出典 – wikipedia.org

4、青ヶ島(東京都)

青ヶ島は東京都青ヶ島村にある伊豆諸島の島です。

aogashima1

出典 – www1.kaiho.mlit.go.jp

青ヶ島は二重式カルデラ火山です。
島の周りが急な崖になっている場所が多く島の港三宝港にも防波堤がないため船を係留しておくことも大型船の接岸も不可能となっています。
そのため港には船を陸に上げる施設があります。
青ヶ島の池之沢地区から見る星空は天然のプラネタリウムと言われる程綺麗に星を見ることができます。

5、鳥取砂丘(鳥取県)

鳥取砂丘は鳥取県鳥取市にある広大な砂丘です。

tottorisakyu1

出典 – ja.wikipedia.org

日本には砂漠が存在しませんが、砂漠のような場所はあります。
それが鳥取砂丘です。
観光が可能な砂丘としては日本最大となっています。
1955年に日本の天然記念物に指定されています。

6、屈斜路湖(北海道)

屈斜路湖は北海道東部弟子屈町にある自然湖で日本最大、世界でも第2位のカルデラ湖です。

kussyaroko1

出典 – ja.wikipedia.org

屈斜路湖は昭和9年に阿寒国立公園に指定されました。
屈斜路湖は綺麗な景色も良いですが、何と言っても湖岸を掘るとお湯が出てくる砂湯が特徴です。
夏など暖かい季節に行けば自分で掘った砂湯に入りやすくおすすめです。

7、富士山(静岡県・山梨県)

富士山は静岡県富士宮市等や、山梨県富士吉田市等に跨る活火山です。

fujisan1

出典 – ja.wikipedia.org

富士山は日本では知らない人はいない程有名な山です。
日本で一番高い山で標高は3776メートルあります。
形が美しく綺麗な曲線を有しているため国外でも知名度があり、日本の象徴として知られています。
昔から霊峰とされ信仰の対象とされています。
2013年には世界遺産に登録されました。
夏には登山が盛んとなっています。

8、白神山地(青森県・秋田県)

白神山地(しらかみさんち)は青森県南西部から、秋田県北西部に跨る山岳地帯です。

shirakamisanchi1

出典 – ja.wikipedia.org

白神山地には人の影響をほとんど受けていないブナの天然林が世界最大級の規模で存在しています。
1993年12月に日本で初めてユネスコの世界遺産に登録されました。
白神山地には無許可で登山が可能な登山道があります。
紅葉の時期には綺麗な木々を見ることができ、3つの滝からなる暗門滝や樹齢400年のブナ「マザーツリー」もあります。

9、知床半島(北海道)

知床(しれとこ)半島は北海道東部オホーツク海に面した場所にあります。

shiretoko1

出典 – ja.wikipedia.org

知床半島には知床連山や知床五湖、知床岬など美しい自然が残っています。
2005年には知床半島を含む知床地域一帯が世界遺産に登録されました。
世界遺産には知床の海も含まれるので、海岸から見える海にも注目です。
冬には世界で最も南端の場所で接岸する流氷が来ます。
サケやヒグマがおり、生き物が豊富にいるのも知床の特徴です。

10、那智の滝(和歌山)

那智の滝(なちのたき)は和歌山県那智勝浦町の那智川中流にある滝です。

nachitaki1

出典 – ja.wikipedia.org

那智の滝は銚子口の幅13メートル、落差133メートル、滝壺の深さ10メートルの1段の落差では日本一の滝です。
日本三名瀑の1つとなっています。
大晦日にはライトアップも行われ壮大な滝が光を浴びる姿を見ることができます。





記事を共有する
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Tumblr0Share on LinkedIn0Share on Google+0